デバイスがないと見られない

写真データを保管する方法にはいろいろとありますが、デジタル化が進んだ今、データで保管する人も多いと思います。では、データ保管するデメリットは何でしょうか。1つ目のデメリットとして、デバイスがないと見ることができない点です。スマートフォンやタブレット、パソコンと言ったデータを画像に変換するものがなければ、データを見ることができません。当然、電源も必要になります。デバイスを起動するにも時間がかかるため、さっと写真を見せることができないのもデメリットになります。パソコンやスマートフォンの利用に慣れている人であれば、簡単に見ることができますが、年配の方でデジタル端末の取り扱いに不慣れな人には、見にくいデメリットがあります。

大量データが故に紛失・流出が怖い

データ保管をするデメリットは、大量のデータを保管することができるため、データの紛失をすると一気にデータを失うことになります。ハードディスクは永久にデータを保管することができるものではなく、内部で高速の円盤が回っているため、耐用年数を過ぎると破損するおそれがあります。破損するとそれまでのデータを一気に失うことになります。また、クラウド保管もトラブルによってデータを失う可能性もあれば、操作ミスによるデータ流出の可能性もあります。写真やネガの状態であれば大規模な紛失や流出のリスクは少ないですが、データ保管の場合、定期的なメンテナンス、バックアップなどをしないと取り返しのつかない大問題になるリスクがあります。